身体も心もうららかに・・・松山市北斎院町 女性院長の整体院 猫背や姿勢、腰痛、骨盤のゆがみが気になる方へ

Case study

こんな症状の方へ

症状別解説と当院の対処法

肩こり・首の痛みについて

人間の頭の重さは約4~5kgあります。普段はあまり気になりませんが、ボウリングのボールくらいありますのでかなり重いですね。肩こりの原因のほとんどは姿勢の悪さです。机でパソコンを使っているとき、人間は頭がかなり前に出た姿勢になります。この時、首や肩の筋肉にかかる負担は正しい頭の位置に比べて2倍以上になります。デスクワーク中心のお仕事なら、この状態が毎日8時間近く続くわけで、肩・首・背中の筋肉疲労は想像以上です。この筋肉疲労が鈍痛を引き起こします。また、肩こりの痛みがストレスになって筋肉の緊張を高めてさらに痛みを強くしてしまうという「痛みの悪循環」を招いてしまうこともあります。これが中々治らない慢性肩こりです。
しかし、悪い姿勢だけが肩こりの原因のすべてではありません。なで肩で鎖骨と肋骨の間のスペースが狭いために動脈や神経が圧迫されて肩こりが起こることもあります(胸郭出口症候群)。そのほか、内臓の病気や更年期障害などによっても肩こりの症状がある場合があります。

当院の対処法とアドバイス

肩こりの痛みは、痛みの原因となっている筋肉のトリガーポイントを緩めれば、比較的早い段階で痛みは楽になります。しかし、筋肉の緊張は日毎に元に戻ろうとするため、正しい姿勢を維持して首肩に負担をかけないよう心がけ、適度に肩こりに効くエクササイズを行うことが大切です。
また、肩こり解消のコツは肩甲骨です。肩こりの原因となる筋肉は、僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋といった肩甲骨に関係する筋肉ですので、エクササイズも肩甲骨をよく動かす体操が効果的です。毎日少しずつで構わないので、コツコツと動かして血行を良くすることを心がけてください。
また、整形外科を受診すると「ストレートネックだから肩がこる」と診断されるケースが多いと思います。これは日常生活の姿勢に問題があって頸椎の生理的 カーブが失われてしまうのです。首から背中にかけての歪みを整えていけば、少しずつ改善していきますので、決してあきらめないでください。

頭痛について

慢性頭痛持ちの日本人は約4,000万人とも言われています。慢性頭痛は一般的に大きく2つに分けられます。一つは姿勢の負担や精神的ストレスなどによって筋肉が緊張して痛みを発する「緊張型頭痛」。二つ目は血管が 拡張して周りの神経を引っ張ることによってズキンズキンという痛みが発生する「片頭痛」。血管が拡張する原因は十分に分かっていませんが、セロトニンなど の神経伝達物質が関与しているとされています。女性に多いのが特徴です。この二つの頭痛は発生メカニズムが全く違うので、それぞれ対処方法が違います。

当院の対処法とアドバイス

緊張型頭痛は肩や首のコリによって血行が悪くなっていることが原因ですので、マッサージや入浴などによって筋肉がほぐれると一時的に楽になります。しかし、根本的に改善するには普段から正しい姿勢を維持する習慣が大切です。また、不規則な生活習慣や、精神的なストレスが原因になることもありますので、一度自分の生活を見直してみることも大切です。片頭痛が起こってしまったらまず安静。頭をアイスノンなどで冷やし、部屋を暗くして安静を保つのが第一です。
予防としては、「不規則な生活は避ける」「赤ワイン、チョコ、チーズは取りすぎない」「眩しいところは出来るだけ避ける」などですが、休日に緊張から解放されて片頭痛が起きる方もいますので、自分なりの頭痛パターンを見つけることも予防策につながります。多くの場合、片頭痛と緊張型頭痛の両方を持っているケースがあるので、普段から肩こり予防と姿勢を良くすることは予防策として大切です。

手足(脚)のシビレについて

画像診断や内科的に問題のない「しびれ」というのは、多くの場合は血行の悪さに原因があります。また、「胸郭出口症候群」といって腕や手指に行く末梢神経の束や動脈が鎖骨周辺で圧迫され、しびれやだるさなどを引き起こす場合もあります。 特になで肩の女性がなりやすいと言われています。
しかし、動脈硬化が原因でしびれが起こる場合もあるので、安易な自己診断は危険です。

当院の対処法とアドバイス

緊張型頭痛は肩や首のコリによって血行が悪くなっていることが原因ですので、マッサージや入浴などによって筋肉がほぐれると一時的に楽になります。しかし、根本的に改善しびれの原因となっている首や肩甲骨まわりの筋肉を調整して血流を良くすることが重要です。しびれが出ている場合は姿勢的に問題がある場合が多いので、筋肉を柔らかくした後は正しい姿勢を保つ習慣に変えていかなければなりません。
また、身体の冷えが原因でしびれとなっている場合もあるので、普段から全身をよく動かすこと、温めることが大切です。
しびれは内科的な問題が原因となる場合もありますので、まずは病院で検査をしてください。

四十肩について

四十肩の原因は未だに不明と言われていますが、加齢による肩周辺の筋肉など(腱板、上腕二頭筋長頭腱など)の退行変性をきっかけとして肩関節の周囲に炎症が生じ、関節組織が委縮して肩の運動制限が起きると考えられています。
40代~50代が最も多いですが、高齢者でも発病することがあります。特に日本人は姿勢の悪さによって背中や肩周辺の筋力が低下し、それが五十肩の原因となっているという説もあります。

当院の対処法とアドバイス

半年~1年半で治癒するのが特徴ですが、夜眠ることが出来ないくらい苦痛が続き、このまま治らないのでは?と不安になるのが普通です。しかし予後は比較的良好なので心配はありません。
平均的には治癒まで1年くらいかかるのが一般的です。しかし、治癒の過程で何もせずに安静で過ごしていると、稼働域に制限が出来る場合があるため、急性期を過ぎたあたりから運動療法が必要です。
運動療法は肩甲骨を意識したエクササイズ、インナーマッスルトレーニングなどが有効で、少々痛くても我慢して動かすことが大切な時期もあります。 また、当院のトリガーポイント療法は、治癒を早める効果があります。四十肩になった場合、同時あるいは時期をおいて反対側の肩にも症状が出ることが多いので、これらの治療を行うことは反対側の肩の予防にもつながります。

手の冷え・冷え性について

冷え症の原因は全身の血行不良ということは周知されていますが、温かい血液が毛細血管に十分に行き渡らないため、外に体温が失われて冷えてしまいます。
毛細血管をいかに使えるかどうかが冷え症対策の課題となります。
血行不良の原因は、運動不足、ホルモンバランス、自律神経、ストレス、低血圧などがあげられます。

当院の対処法とアドバイス

冷え症の対策は全身の血流を改善することなのですが、筋肉を柔らかくしなやかな状態に戻すとともに、普段の生活でしっかりと筋肉を使ってあげることが大切になります。
たとえば、正しく歩くことで股関節を意識すると、ハムストや臀部などの大きな筋肉を使うことができるので、多くの毛細血管の血液循環を促進させる効果があります。
当院では、筋肉の調整だけでなく、正しい歩き方などの指導もエクササイズとして取りいれています。
また、自律神経のバランスを崩さないように規則正しい生活を送ることが重要です。

顎関節症について

突然あごが痛くなって開かなくなる。口の開閉時、左右のあごの開閉にずれがある。口を開けて縦に指三本入らない。こういう症状を総称して顎関節症といいます。
あごは左右同時に動く2関節で、こういう関節は顎しかありません。あごの使い方に偏りがあるのが原因で、よく言われる「噛み合わせ」はあまり重要な問題ではありません。
主な原因は精神的ストレスです。ストレスがあると就寝中に歯ぎしりをしたり、喰いしばったりします。この時あごにはかなりの負荷が加わるので、あごの筋肉が 疲労して左右の顎関節の動きに歪みが出てくるのです。同時に首にも負担がかかりますが、顎関節症の方は首の筋肉が疲労で硬くなっているのも特徴のひとつです。

当院の対処法とアドバイス

あごの開閉時の違和感は、筋肉が硬くなっているのが原因です。咬むための筋肉(咀嚼筋群)を柔らかく緩める必要があります。疲労状態で硬くなっているので、そのまま放っておくと頭痛にまで発展することもあります。バランスよく開くためのエクササイズも必要になりますが、大きな動作で五十音を読み上げるだけでも効果はあります(痛い時は無理しない)。
顎関節症もいわゆる生活習慣に原因があります。物を食べるときに片咬みしないこと。 ガムや固いものを食べ過ぎて顎を疲労させないこと等。それからあまり意識がないのが、パソコンを使う時、斜めに向かって座っている人。たとえば左斜めを向いて座っていると、左の奥歯に力が入りやすくなります。その他、頬杖をつく、電話の受話器を首と肩に挟んで電話をかける人等々。 こういう生活習慣はすぐにでも改めましょう。
また、自分は精神的ストレスがないと思っても、もう一度周囲の環境を見直してみることも大事です。歯科でマウスピースを作ってもらうことも効果はありますが、マウスピース自体がストレスになる場合があるので、歯科医とよく相談してください。

腰痛について

厚生労働省のデータによると、日本人の約8割が一生に一度は腰痛を経験するといわれています。腰痛と言うと、昔は高齢者がなるものだと思われがちでしたが、現在は働き盛りの30代~50代にもっとも多いのが特徴です。これは会社におけるパソコンの普及によって、座りっぱなしの時間が昔より異常に増加したことが原因と思われます。腰への負担は、立っているときより座っているときの方が重いのです。
このように、慢性腰痛の原因は、姿勢の悪さなど日々の生活習慣による筋肉の炎症による「筋膜炎」がほとんどであると言えます。
また、腰椎の骨や椎間板に変形が起こる(変形性)腰椎症も慢性腰痛の原因と考えられていますが、その際も周りの筋肉に炎症が起こっています。いったん腰痛になると、体全体のバランスが崩れて骨盤や背骨に歪みが生じるため、いつまでも治らないしつこい慢性腰痛に陥りがちです。
それ以外の腰痛として最近増えているのが「心因性腰痛」といって精神的なストレスなどが原因によるものです。筋膜性の腰痛とは違う痛み方や患者さんの表情などにも特徴があります。

当院の対処法とアドバイス

筋肉的な緊張や疲労が原因となっている腰痛には、「トリガーポイント」という血液循環が非常に悪い状態になっている箇所があります。
当院では「トリガーポイント・セラピー」という独特の療法によって筋肉を調整、そのあとで関節調整をして歪みを取り、体をいったん楽な状態にします。正しい姿勢やエクササイズをアドバイスさせていただき、痛みを繰り返さない体質改善を目指します。
背骨に問題がある場合、まずは専門医への受診をお勧めします。病院での画像診断などの結果をお聞きしたうえで施術方針を検討しますが、背骨に問題(ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など)があると言われた場合でも筋肉的な緊張や体全体の歪みを整えると症状が楽になる場合があります。
さらに筋肉的なトレーニングや姿勢、歩き方の改善によって生活の質が向上したケースは少なくありません。内臓の病気に不安がある場合や、通常の整形外科的な痛みとは違うケースの場合、カウンセリングの段階で医療機関での検査をお勧めすることもあります。
腰痛は、二足歩行になった人間の宿命です。しかし、そのほとんどが筋肉疲労による炎症からくるものですので、歪みのない体に整えることで腰痛になりにくい体質改善を行うことは十分可能です。同時にそれは加齢とともに進む背骨の変形を食い止める予防にもなり得るのです。

坐骨神経痛について

よく、「病院で坐骨神経痛と言われました」という患者さんが大勢いらっしゃいますが、「坐骨神経痛」は症状名であり、病名ではありません。
坐骨神経は人間の神経の中でも最大の神経で、お尻から太ももの後ろを通り、下腿まで達しています。坐骨神経痛とは、この坐骨神経に沿って痛みが出る症状の総称です。
下肢に痛みを伴う病気は、「腰部椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「脊椎分離すべり症」「脊椎変性すべり症」などがあり、腰椎で神経の圧迫があって坐骨神経に沿った痛みが特徴です。帯状疱疹などによっても坐骨神経痛になることがあります。

当院の対処法とアドバイス

骨盤の歪みによって坐骨神経を引っ張るような立ち姿勢になっていると、慢性的な坐骨神経を引き起こすことがよくあります。座る時間が多かったり、足を組んだりあぐらをかく習慣の多い場合、坐骨神経痛の症状を強めてしまうこともあります。また、前屈したりなどのストレッチは逆効果になる場合があるので注意が必要です。
坐骨神経痛は腰からお尻にかけての筋肉の緊張を緩めて血行を整え、骨盤の歪みを調整すると症状が楽になります。病院から背骨に原因あると言われた場合でも、エクササイズを行ったり、歩きや、姿勢の改善などを根気よく続けていくと痛みが改善していくことが多いので、決してあきらめないことです。
坐骨神経痛は血管や内臓の病気が潜んでいる場合もあります。自己判断せず、まずは病院できちんと検査を受けるのが大切です。

O脚について

O脚は治るものと治らないものがあります。治らないO脚とは、変形性膝関節症のように関節が曲がってO脚になってしまったもの。中高年に多く見られます。
治るO脚は、歩き方などの生活習慣が原因でO脚的な立ち方になってしまったもので、このタイプは調整による改善が可能で、姿勢的なO脚と言います。姿勢的なO脚を作ってしまう原因は主に次の3つです。
①内股(膝のお皿が内側を向いて、膝が伸びきっている)
②外重心(下半身の外側に体重がかかっている。内ももの筋力低下)
③骨盤の歪み(骨盤が前傾になりやすい。脚の付け根が縮んでいる。)

当院の対処法とアドバイス

姿勢的なO脚は改善が可能です。よくO脚調整バンドのようなものを購入されて一晩中固定されている話を聞きますが、これはまったく無意味です。
当院でも短時間の固定はしますが、脚の適正ポジションを覚えこますための手段ですので長くても15分です。
O脚調整のためには、股関節を中心として体全体のバランスを整え、内ももとお尻の筋力をつけることが必要です。同時に正しいポジションで立つエクササイズを継続していくと、自然にますっぐな立ち方が可能となります。
予防的には、内股の生活を改めることです(歩き方、横座り、脚組み等々)。これは今日からでも可能なので、すぐにでも改めて行きましょう。いわゆる変形膝関節症のような治らないO脚でも、同じ施術を行うことで変形の進行を遅らせる予防になりますので、O脚調整を受けることは全く意味のないことではありません。

脚の付け根の痛みについて

歩くと脚の付け根が痛くなる。股関節がしっかりはまっていない気がする。などの症状を訴える方がいますが、この原因の多くは主に普段の生活習慣にあります。
座りっ放しの仕事とか、姿勢が前かがみだと股関節周りの筋肉は常に縮んで硬くなり、股関節の動きが悪くなります。この状態が長く続くと歩いている途中で脚の付け根が突然痛くなることがあります。年齢とともに股関節の関節軟骨の摩耗によって「変形性股関節症」となる場合もあります。

当院の対処法とアドバイス

縮んだ脚の付け根の筋肉、特に大腿四頭筋の股関節付着部あたりは特に硬くなっているので、当院ではこれを緩めていきますが、正しい姿勢の取り方や歩き方などの生活習慣を改善する必要があります。
この症状は女性の方が多い傾向ですが、これは女性の内股歩きや脚を組んで座るなどのクセが原因であろうと思われます。O脚姿勢の問題が隠れているかもしれませんので、歩行や姿勢など詳しくチェックする必要があります。
予防的には、普段から大股で歩く練習を取り入れてみましょう。また、「変形性股関節症」と言われた方でも、筋肉による痛みの場合が多いのです。股関節周りの筋肉を柔らかくして、殿筋なども含めた股関節の筋肉トレーニングを続けていくことが大切です。

ひざの痛み

膝の痛みは大きく2つに分けられます。一つはスポーツによる膝のトラブルで、これは急激にひねったとか、急な着地をしたとかではなく、気がついたら何となく痛くなっていたという場合。膝関節には問題が見られず、関節周囲の筋肉や軟部組織に負担がかかっているものです。動き初めは痛いが、少し動くと楽になってくるのが特徴。練習やり過ぎ、オーバーユースが原因です。
もう一つはいわゆる「変形性膝関節症」で加齢によるものです。膝の痛みを持つ中高年は約1,000万人いると言われています。膝の軟骨がすり減って関節内に炎症が起きます。炎症を繰り返していくと関節包などの組織が硬くなり、膝周囲の筋肉が硬くなって膝の曲げ伸ばしや動作が痛くなります。肥満で体重が重いことも原因の一つですが、O脚や内またの歩き方なども変形性膝関節症の原因です。

当院の対処法とアドバイス

スポーツによる急激な外傷によって激しい痛みがあった場合は靭帯損傷などの危険もあるため氷で冷却してすぐ病院で検査が必要です。
ランニングなどオーバートレーニングによって徐々に痛みが出てきた場合、練習量を落とす必要はありますが、完全休養の必要はありません。主に筋肉疲労による痛みが原因ですので、脚全体のマッサージやストレッチ、膝に負担のかからないフォームや姿勢の改善が必要です。
「変形性膝関節症」については、一度すり減った軟骨は元に戻りません。これ以上変形しないように食い止めるのが一番大切です。膝関節周囲が硬くなり、さらに膝の動きが制限されて痛みが出ているので、筋肉を出来るだけ元の柔らかい状態に戻すことことは痛みが消えたり楽になる効果があります。同時に、膝関節を守る太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えることが重要です。
膝にトラブルを抱えている中高年の歩き方を観察していると内股歩行の方が目立ちます。内股歩行は膝の内側に大きな負担がかかりますのですぐにでも改善が必要です。

骨盤のゆがみ

みなさん脚の長さは左右同じですか?ほとんどの方の脚はどちらか一方が短いです。 これは骨盤に歪みが出ている証拠です。座っているとき脚を組む、靴底の減りが左右で違うクツを履いている。いつも同じ方向でカバンを持っている。片足に体重をかけて立つクセがある・・・など、これらはすべて骨盤の歪みになる原因となります。
長年の習慣が骨盤まわり、背骨まわりの筋肉や関節の硬さに違いが出て、結果として「骨盤が歪んだ」という状態になるのです。
骨盤が傾くと、その傾きを調整しようと背骨もバランスを崩していまいます。こういう状態が長く続いて腰痛や肩こりの原因になるのです。

当院の対処法とアドバイス

自分で脚の長さを計るのは難しいですが、ズボンやシャツの袖の長さなど、日頃から気になる点があれば、その長さと日常のクセに関連性がないか確認してみます。
たとえばいつも右のズボンの丈が短い人だと、右脚を上に組んで座るクセはありませんか?
もしそうだったらすぐにでも脚を組むことは止めなければなりません。左右のかかとの減りが大きく違うクツは、すぐにでもかかとの修繕が必要です。まずは出来るところから始めることが大事です。

生理痛

生理痛には人によっていろいろな痛みがありますが、生理時に発生するプロスタグランジンという痛み物質が関与しているようです。
プロスタグランジンは血管も収縮させる作用があります。血管が収縮すると筋肉も硬くなるので腰痛や下腹部痛の原因になるのです。
また、月経後半になると骨盤まわりでうっ血が起こり、腰の鈍痛や冷え、足のむくみなどを引き起こします。ひどくなると、脚の付け根の鈍痛で歩行困難になってしまうケースもあります。

当院の対処法とアドバイス

入浴や温シップなどで腰のまわりを冷やさないことが大切です。痛いときは、腰痛ベルトで骨盤まわりを安定させるのも効果がある場合があります。
当院では、生理痛によって収縮した腰の筋肉、骨盤周辺の筋肉の緩和操作を行います。1~2か月くらいで痛みが半減あるいは消失したというケースが多いです。
しかし、あまりにひどい生理痛の場合は、子宮筋腫や子宮内膜症の疑いもあるので、不安な場合は事前に病院できちんと検査を行ったほうがよいでしょう。

自律神経の異常

人間の体は、気温の変化やストレスなどに対して内臓、血管、ホルモン分泌などが勝手に調節されて、体内の状態を一定に保とうという働きがあります。自律神経には交換神経と副交感神経があり車のアクセルとブレーキのようにうまく調整されてバランスが保たれています。自律神経は全身の器官をコントロールしますので、バランスを崩すと様々な不快な症状が出ます。
なんとなく疲れやすく倦怠感がある、肩や背中がこりやすい、めまい、頭痛、眠りにつきにくい、食欲がない・・・・こういった症状が続いて内科や整形外科を受診しても検査では悪いところがない。きちんとした病院なら、この時点で心療内科などの受診を勧めてくれるところもあります。
自律神経失調症の原因はストレスですが、精神的なものだけではなく、季節、不規則な生活、病気や痛みなどもストレスになります。

当院の対処法とアドバイス

痛みがストレスになると、自律神経の交感神経が緊張→血管収縮で血流が悪くなる→筋肉が硬くなって痛くなる→ストレスという痛みの悪循環が生まれます。この悪循環にいったん陥ると、なかなか抜けられなくなりますので、どこかでこの悪循環を断ち切らなくてはなりません。
筋肉の緩和操作を行って体のバランス調整を行うと、血行が良くなっていったん楽な状態になり、短期間でも痛みの悪循環から抜け出せることが出来ます。また痛みがやってくる前に繰り返し調整を行うと、悪循環に陥りにくい体質(ストレスに強い体質)に改善されます。
日常的に大事なことは、規則正しい生活を行うこと。姿勢をよくして、余計な痛みを作らないこと。腹式呼吸は自律神経のバランスを調整する効果があります。また、サウナなどと冷水浴を繰り返すことも同様の効果があります。

更年期障害

自律神経的な不定愁訴の症状ですので、全身の筋肉を調整して血流を良くすることが大切です。痛いままの状態でお体を放置しておくと、その痛みがさらにストレスとなって症状を悪化させてしまいます。筋肉を柔らかく調整して、いったん体を軽くすると気分も明るくなります。
規則正しい生活を行うように努め、カルシウムが欠乏しやすいので栄養バランスや適度な運動を行うことが大切です。また、運動は疲れにくい体に変える効果もあり、運動による疲労感が睡眠を誘発します。入浴ももちろん重要です。

当院の対処法とアドバイス

自律神経的な不定愁訴の症状ですので、全身の筋肉を調整して血流を良くすることが大切です。痛いままの状態でお体を放置しておくと、その痛みがさらにストレスとなって症状を悪化させてしまいます。筋肉を柔らかく調整して、いったん体を軽くすると気分も明るくなります。
規則正しい生活を行うように務め、カルシウムが欠乏しやすいので栄養バランスや適度な運動を行うことが大切です。また、運動は疲れにくい体に変える効果もあり、運動による疲労感が睡眠を誘発します。入浴ももちろん重要です。

スポーツ障害

肉離れ、ねんざ、骨折などの急性的なケガについては、まず整形外科を受診することになりますが、ケガが治癒していく段階で筋肉が硬くなり、トリガーポイント(筋肉のコリ)が出来て慢性的な痛みになることがあります。
また、ケガした側をかばうために体全体のバランスが悪くなり、違う箇所に痛みが発生することがあります。カイロプラクティックはそういう慢性的な痛みを取ることが得意です。

当院の対処法とアドバイス

たとえば肉離れを起こした後、治っていく段階できちんとしたケアをしていかないと慢性的な痛みになります。
これは筋肉にトリガーポイントが出来ている可能性が高いです。このトリガーポイントはストレッチだけでは取れませんので、当院ではトリガーポイント療法にて筋肉の緩和操作を行います。
ご自宅ではストレッチを毎日行っていただく必要があります。急性期ではないので、完全休養ではなくトレーニングを継続したほうが治りは早いです(トレーニングメニューは落とす必要があります)。
スポーツによるケガは、その競技におけるフォーム、筋力などのバランスの悪さが引き金になっていることもあります。カイロプラクティックでお体のバランスをチェック、矯正し、バランスの良い姿勢や歩き方なども指導しますので、日常的に生活習慣を気をつけることは必ず競技に生きてくるでしょう。
また、スポーツ障害はオーバートレーニングによる疲労蓄積が原因ですので、「ケガをしない体作り」が最も大切です。カイロプラクティックによる日頃のメンテナンスはケガの予防として非常に効果が高いです。
当院は特にランナーのスポーツ障害を得意としています。


Access

アクセス・受付時間

アクセス

〒791-8031
愛媛県松山市北斎院町72-1-101

受付時間(土日も営業しております)

  • 平 日 10:00~19:00
  • 土日祝 10:00~17:00
  • 定休日 月・木曜日 年末年始12/31~1/3
※都合により臨時休業させていただくことがございます。

TEL:089-972-3060電話をかける

TOPへ