背中や腰が痛い!太もも、さらにふくらはぎまでくるしびれや痛みを何とかしたい!

辛い痛みの真犯人は誰?

急なぎっくり腰と呼ばれる急性の腰痛は重い荷物を持った時だけでなく、くしゃみゃ咳、歯みがきなど日常のちょっとした動きが引き金になることもあります。

そしてそれが繰り返されることで、なかかな治りにくい慢性の腰痛になることがあり、できるだけ早い対処が必要です。

また、しびれは重いカバンを長時間持つと腕の筋肉がしびれることでもわかるように、筋肉の緊張が続いて起こる知覚異常と考えられています。

筋肉の緊張が長時間続くと筋肉は硬直し、さらに進むと筋繊維が短く縮み筋肉の中に 圧痛しこり「トリガーポイント」が発生します。それを放置すれば、「トリガーポイント」が次々と発生し、痛みやしびれの悪化と拡大を招くことになります。

当院では痛みの真犯人「トリガーポイント」を指圧のようなやり方でゆるめ、筋肉の収縮をほぐす温熱療法を併用しながら改善していきます。

また緊急の痛みに対処できる座り方、立ち方、歩き方などを会得していただき、できるだけ早く痛みの改善をはかります。